現地学生の熱意が刺激になる留学

本格的な大学留学はハードルが高いなと感じている人でも、現地のキャンパスライフを体験してみたいのならエクステンションという選択肢もあります。
留学生向けの聴講プログラムを実施している大学が多いのがアメリカで、自分にあった大学を探しやすいです。



アメリカの大学はセメスター制という二学期制と、クォーター制という四学期制が混在していますが、参加は一学期間から可能になっています。
いずれも各学期に自分の興味のある科目を3から5クラス受講できるシステムです。

現地の学生と学ぶことになるので語学力とアカデミックスキルが必要で、レポートの書き方やプレゼン方法などのスキルを語学力以外にもっているとベターです。留学生が履修できるのは基礎クラスで、専門的なクラスの履修には基礎クラスを修了していることが前提だったり、アカデミックアドバイザーの承認が必要になる場合が多く、人気の高いクラスの履修は正規の学生が優先されます。

そして、アメリカの教授は学生たちを刺激して対話を促す存在なので学生が主体的に参加する授業スタイルです。

ロケットニュース24の知識を増やしてみませんか。

グループで行うプレゼンのリードを取ったりという姿勢が評価されるため、完璧な英語でなくても臆することなく発言する勇気が必要になります。

留学が最近こちらで話題になっています。

また、十分な語学力がないからとあきらめる学生も多いですが、多くの留学生がスケジュールの前半で語学力をブラッシュアップし、後半でエクステンションというプランにしているので、前半でアカデミックスキルを学んでおけば安心です。